はじめてのウーロン

『くるま』と『ブログ』がメインのリーマンブログ。

シュアラスター『カーシャンプー1000』のレビュー!キメの細かい泡で洗車が楽しい

f:id:oolongprize:20190529105904p:plain

車用洗剤の種類って多すぎですよね。

どれ選んでいいか分らない方も多いと思います。

 

今回はシュアラスター製の車用洗剤『カーシャンプー1000』の特徴とレビューを紹介します。

車好きの中では定番となっているカーシャンプーの一つです。

ぼくも10年以上愛用しています。

 

この記事はこんな人におすすめ
  • 傷をつけずに洗車したい
  • コーティング施工の車
  • 手洗い初心者
  • 車を大事にしている

一つでも当てはまる方は最後まで読まないと損するかも!?

 

それではスタート!

 

  

『カーシャンプー1000』の特徴

泡立ち・泡切れがいい

とてもキメの細かい泡が簡単に作れます。泡立ちもとてもいいカーシャンプー。

モコモコでクリーミーな泡が車の塗装面の間のクッションとなり、とても塗装面にやさしいです。

この泡が汚れやホコリをしっかりと包み込んで落とします。

 

また、泡切れも抜群。すすぐと白いモコモコ泡がスッと流れていきます。

洗剤はしかっりと落とさないと汚れの元になりますが、『カーシャンプー1000』はきれいさっぱり洗剤を落とせます。時短にもなりますね。

 

 

 

塗装にやさしい

『カーシャンプー1000』はノーコンパウンドです。つまり研磨剤が一切含まれていません

コンパウンドが含まれる洗剤は、小さな傷を消す効果があります。しかしそれは塗装を削るからです。諸刃の剣ですね...。

コンパウンド入りの洗剤を使い続けると塗装が薄くなるのであまりおすすめしません。

ノーコンパウンド洗剤は無駄に塗装を削らないので塗装にはとてもやさしい洗剤と言えます。

 

 

また『カーシャンプー1000』液性は中性です。

中性洗剤は酸性洗剤やアルカリ性洗剤と比べると洗浄力は落ちます。

しかし塗装に一番やさしいのは中性洗剤です。

ガンコな水垢や油膜などの汚れを一発でをきれいに落とすことはできませんが、どんな種類の汚れにも洗浄能力があるのが中性洗剤です。

 

 

どんな車にも使える

『カーシャンプー1000』は全ての塗装色に対応しています。

どんな色の車でもOKです。

 

またコーティング施工車にも使えます。ワックスやコーティングなどの被膜を痛めることなく洗車できるのでコーティングが長持ちします。

 

 

希釈タイプで大容量

水で希釈して使用するため、見た目以上長持ちします。

希釈方法は、原液50ml(キャップ4杯分)に対して水4Lで希釈します。

 

ミニバン・SUV・セダンなどの中型車の場合、約20回洗車できます。

 

 

使い方

ステップ1:しっかり水洗い

洗剤で洗う事前準備です。

ホコリや砂、虫などをすべて水で洗い流しましょう。

これらが残っている状態で、スポンジで車のボディーをこすると傷ができます。

水圧を利用して、車に付着する固形物はすべて吹き飛ばしてやりましょう。

 

 

ステップ2:キメ細かい泡を作る

 水粗いが終わったら、『カーシャンプー1000』の出番です。

 

まずはキャップ4杯分の原液をバケツに入れます。

そのバケツに水を勢いよく注ぎます。シャワーを使うと効果的ですね。

希釈するための水の量は4Lです。

 

ポイント

原液:水=50ml:4L

この割合で希釈すること!

 

キメの細かい、モコモコでクリーミーな泡を作りましょう。

 

ステップ3:やさしく洗車

スポンジを使って、やさしく車のボディーをこすります。

力任せに洗うのは厳禁です。撫でるようにやさしく洗いましょう。

洗いう順序は、「上から下」が基本です。

 

おすすめのスポンジは、「シュアラスター ウォッシングスポンジ S-70」。

使いやすさ抜群で、車にもやさしい構造。洗車に最適のスポンジです。

 

円を描くように洗うのではなく、タテ・ヨコの直線を描くように洗うのがベスト。

しっかりと汚れが落ちます。

 

ステップ4:素早くすすぐ

これも大事な工程、素早くしっかりと水ですすいでください。

すすぎ方も、「上から下」が基本です。これでもかってくらい水をかけてちゃいましょう。

 

洗剤が残っていると汚れの元となりますので注意してください。

 

 

ステップ5:きれいに拭き取り

水滴が残ったまま放置して乾いてしまうとシミの原因になります。

すすいだ後はしっかりと水滴をすべて拭き取りましょう。

 

普通のぞうきんなどで拭くのはNGですよ?切れた繊維が車に付着します。また吸水性がよくないので効率が悪いです。

 

おすすめは「シュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42」。

PVAスポンジ素材で吸水性は抜群です。耐久性もあるので超おすすめクロス。

 

 

レビュー

いろんなカーシャンプーを試してきましたが、やっぱり『カーシャンプー1000』に戻ります。

他の製品と比べても、キメの細かい泡・泡立ち・泡切れの良さはトップクラスです。

白いモコモコ泡がずっと持続するので洗車してる感がすごく出ます。気持ちいい!

洗車好きにはたまらないですね。もちろん安定の洗浄力です。

このカーシャンプーのおかげで洗車が楽しくなり、愛車がいつもピカピカです。

 

どんな色の車でも使えて、コーティング施工車にも使えるので使い勝手はかなりいいですね。知り合いと一緒に洗車したり、自分の車2台を同時に洗車する際に、同じカーシャンプーが使えるのは便利です。

やっぱり車はきれいな状態で保ちたいので、塗装にやさしいことはカーシャンプー選びの重要なポイントだと思います。 また中性洗剤なので車だけでなく、手にもやさしいです。

 

ぼくのミニバンでは、この製品1本で約20回洗車できます。ほぼ毎週洗車しますが、約5~6か月くらいはもちます。大容量ですね。

友人の軽自動車やコンパクトカーでは約25回~30回は洗車できると言っていました。

 

今までいろんな人に『カーシャンプー1000』を勧めましたが、リピーターになる方が多いです。

カーシャンプーの王道ともいえる製品だと思います。

 

 

まとめ

シュアラスター『カーシャンプー1000』を紹介しました。

キメの細かい泡で安定の洗浄力。そしてどんな車にも使えて、塗装に優しいカーシャンプーです。

洗車初心者にも、洗車好きにもおすすめのカーシャンプーです。

ぜひ参考にしてください!